TRANS.Blog

経営(ヒト・モノ・カネ)に関して定量的な分析を発信する 株式会社トランスのブログ

性格診断の未来予測は再現性があるのか?(まとめ)

 

前回の記事を読んだのですが、弊社でもあてはまるものでしょうか?

会社による違いはありますが、データがあれば、予測ができる範囲はあると思います。

弊社にも適性診断の結果があるのですが未来予測できますか?

はい。それでは性格診断による未来予測の再現性を確認してみましょう。

 

最近「ピープルアナリティクス」という言葉が広まりはじめ、成果につながる「HR Tech」として注目しているという声を伺います。

前回の性格診断だけで入社後の評価をどれだけ予測できるのか?の記事では、
性格診断結果だけで、入社後評価の6割を予測できる
可能性があることを示しました。

 

今回のシリーズでは、
性格診断による未来予測はどれだけ再現性があるのか?
という観点で、実際の複数の会社のデータを用いて分析を行った結果の一部を報告します。

 

もしご興味をもっていただける企業様があれば、分析のお手伝いなどもさせていただいておりますので、ぜひお話させていただく機会をいただけますと幸いです。

 

■「人数」と「適性試験の種類」が異なる場合(2000人規模)

 ※参考:高評価者は「メンバー」と「管理職」でどれだけ異なるか?

 

■「マネージャー(管理職)」の場合

 

■「退職」を予測する場合

 (Coming Soon)

 

 ■色々な企業における分析結果一覧

 (Coming Soon)