TRANS.Blog

経営(ヒト・モノ・カネ)に関して定量的な分析を発信する 株式会社トランスのブログ

退職(予測)に関するデータ分析結果(まとめ)

離職率に関する色々な議論を見るのですが、退職予測は意味があるのでしょうか?

会社の考え方によりますが、機会損失を抑える一助にはなると思います。

退職を80%予測できると聞いたことがあるのですが本当ですか?

「80%」だけでは、良い場合も悪い場合もあります。どれだけ事業に貢献する予測ができるか確認してみましょう。

 

人事において、「離職率(退職率)」はわかりやすい指標の1つであるため、「離職率低減」を目標においている企業も多いかもしれません。

※会社によっては「血の入れ替わりは必要」「会社フェーズによって必要な人材は変わるので人材は入れ替わる」という考え方もあると理解しています。ただし「高評価者(ハイパフォーマー)の退職を防ぎたい」という点は、どの会社も共通しているかなと考えています。

 

直近では、様々なHRデータの利活用により、退職を予測する取り組みも増えてきています。

 

そこで今回のシリーズでは

・退職に関するデータのまとめ
・実際に複数の企業で行った退職予測の結果とその効果

について、報告します。

 

■1人が「退職」した場合の「利益損失金額」(理論分析)

※参考:離職率(退職率)の算出方法3パターンを解説

 

■ “入社後評価”から「退職」を予測(実データ分析)

 

■ “勤怠データ”から「退職」を予測(実データ分析)

 

 ■ “入社前”に「退職」を予測(実データ分析)

 

(補足)「従業員モチベーション」と「業績・退職」は関係するのか?

 

(補足) 退職予測「80%」はどれだけ意味があるのか?(理論分析)

※参考:未来予測における予測精度のいろいろな算出方法